健康志向に人気の高麗人参【高い効果発揮のサプリ特集】

漢方

疾病対策期待のある食品例

免疫の仕組みと難点

きのこ

通常の人間の体内では、免疫と呼ばれる外敵や異物から身を守る機能が備わっています。これは異物の侵入を感知すると、血液中から全身をめぐり、異物への攻撃によって撃退する役割があります。この免疫機能によって人間の健康が守られています。しかし一方で、この免疫機能の働きが上手く行かなくなり、病気に体が蝕まれるケースも挙げられます。そうしたケースの1種に、体内細胞の遺伝子損傷などによって起こるガン細胞の存在が挙げられます。ガン細胞は免疫機能の働きを妨害する様に、免疫抑制細胞と呼ばれる免疫機能を抑え込む細胞をつくり出すとされています。大きくなったガンから発生した抑制細胞群に免疫が抑え込まれると、ガン細胞の増殖を抑え込む事ができず、症状が広がりやすくなるという仕組みが、現在では解明されてきたと言われています。

免疫正常化を助ける食品

したがって現代では健康食品にも、免疫機能への働きかけが期待される様々な栄養素や健康作用を狙ったフレーズが多く使われています。こうした作用が実際に期待される食品由来成分の1つとして、シイタケ菌糸体と呼ばれるシイタケ由来の組織群が挙げられます。これは普段食べられる事が多い茸の部分から生えた、糸状の組織の事を指しています。シイタケ菌糸体は元々繁殖のために作り出されたものであり、その組織には豊富な栄養が含まれる事が分かっています。そしてこのシイタケ菌糸体には、近年になって免疫抑制細胞の増殖を抑え、免疫機能を活性化させる働きを持つとされる報告が挙げられています。こうした働きかけによるガン対策は、従来行われていた手術・放射線・抗がん剤による対策には無かったアプローチとされています。特に副作用のリスクを少なくさせる事が大きな利点として挙げられており、シイタケ菌糸体の更なる有効活用が待たれる状況だと言われています。