健康志向に人気の高麗人参【高い効果発揮のサプリ特集】

漢方

体に悪い酸素とは

酸素の状態

お茶

空気に含まれている酸素は、2つの酸素原子が結合した酸素分子の形で存在しています。この酸素分子は、その多くは電気的にも中性で安定的ですが、ごく一部は電気的にも中性でなく、水素などとくっついて他の物質と反応しやすいものがあります。このような反応性に富む酸素やその化合物の総称を活性酸素といいます。このような活性酸素は、人の体内にも存在しています。そして、免疫の一部としてつかわれることもありますが、体をつくっている細胞を壊してしまうこともあります。そして、活性酸素によって壊れた細胞は、速やかに修復されるのが普通で、ほとんど影響はありません。しかし、長い間には細胞の修復が追いつかなくなり、それが老化などの原因だと考えられています。

酸素のジレンマ

人は、呼吸によって酸素を体内に取り入れて生命活動をしています。活性酸素は、自然の空気にも何パーセントかが含まれていますので、呼吸している限り体内から全て除去することはできません。また、生命活動をする過程で、体内でつくられたりもしています。呼吸以外で体内に活性酸素がうまれる原因は、(大量の)飲酒や喫煙、紫外線を浴びること、(食品添加物のような)化学物質の摂取、ストレスあるいは強い運動などがあります。ところで、活性酸素を減らす性質のある物質があり、抗酸化物質と呼ばれています。有名なところでは、ポリフェノールやビタミンA、C、Eなどがあります。日頃の食事に抗酸化物質の含まれている食材を使いますと、活性酸素の悪影響を少なくできます。